山下としろーの軌跡。

新史 太閤記 上下巻 著 司馬遼太郎

この記事は2分で読めます

どうも。

 

 

山下としろーです。

 

 

 

司馬遼太郎さんの本です。

 

 

 

 

豊臣秀吉の自伝です。

 

 

 

 

人蕩しと言われただけに、コミュニケーション、演技力は圧巻です。

 

神は細部に宿るって言葉がありますが、

そんな印象を受けました。

 

 

 

ここまで磨きあげるともはや悪魔ですね。

 

 

この時代は、特に諜略が盛んで当たって砕けろ

 

的な戦さではなく

 

 

戦場で相まみえた瞬間に勝利が確定している状態を如何にして作るかが大事で

 

 

あの手この手で敵方から寝返りを出させ

敵勢よりどれだけ優勢な状態に持っていくかが各武将の腕の見せ所

 

 

 

そん時秀吉の猿顔と愛嬌は異彩を放ったんでしょうね。

 

 

秀吉は、少年時代コンプレックスだった猿顔を

 

(如何にしてこの顔を活かすか)

 

 

ってのに意識を傾けたそうです。

 

 

コンプレックスを武器にしようと少年時代から考えるところがさすがですね。

 

 

織田信長とのやり取りも秀逸で

 

信長のイタズラを軽く去なして逆に好感を持たせるとか神業です。

 

 

 

信長という御しがたい人物ですからねー

並大抵のコミュニケーション術じゃそっこー打ち首ですよ

 

 

 

あと布石をうっておくのが上手い。

 

なので、相手方は後手後手に回されて

負けるべくして負けるみたいな。

 

 

 

 

自分は、上杉謙信とか好きなんで

秀吉のこういう小策なやり方はあんま好きじゃないです。

 

 

まー面白いんでいいんですが

 

 

 

そんな本です。

 

 

それでは。

 

 

 

あわせて読みたい

  1. とことん自分に正直に生きろ。 家入一真
  2. 大丈夫、みんな悩んでうまくいく。 細川貂々
  3. 虚空遍歴 山本 周五郎
  4. GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代
  5. こんな僕でも社長になれた 家入一真
  6. 顔は口ほどに嘘をつく ポール・エクマン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

《名前》山下としろー

山下としろー ツイッター 

 
twitter

 

趣味⇒読書、歩くこと、自然

ツイッター

月別アーカイブ

RETURN TOP