山下としろーの軌跡。

自分の顔を生きる 著 田中信二

この記事は2分で読めます

どうも。

 

 

本読んでます。

 

 

田中信二さんの本です。

 

ブレイン・アップデート・メソッドとかいうのを開発した人です。

よく分かりませんね。

 

 

脳科学、心理学、人相化学、東洋医学などの知識から独自のメソッドを編みだしたみたいなことです。

 

 

 

 

 

この本、タイトル的に自分の顔に自信をもって生きましょうよ

的な自己啓発的空気をだしているんですが、

 

 

そんなことはなくて

 

 

人相学や脳科学なんかの話を分かりやすく根拠も添えて

 

 

こうやったら潜在意識に上手くアプローチできるよ

こうやったら根本的にあなたの悩みを解決できますよ

 

 

 

そんな本です。

 

 

 

まあまあ為になる本です。

 

 

 

ただ、自分の生い立ちとかメソッドを実際に受けた人の体験談が多いです。

 

 

それが大半を占めてるので、欲しい情報は20~30ページぐらいですね。

 

 

内容がない本よりかはマシなんで、

とりあえず得るもんはある

 

 

そんな本ですかね。

 

 

 

難しい言葉がでてくるんですが、

脳は、思考、感情、行動のほとんどをコントロールしていて

 

 

それらを横に大まかに3等分すると

 

額の部分は思考を司る、前頭葉

 

 

目や耳、鼻先までは感情を司る、側頭葉

 

 

唇やあごは行動を司る、後頭葉・小脳

 

 

 

になっているらしいです。

 

 

これの思考を司る前頭葉にアプローチをかけるのが

この人が推奨しているリフトアップというメソッドです。

 

 

 

ほっぺたを上げたり、下げたりするってことです。

 

 

 

簡単で、すぐ実践できます。

 

 

感覚的には、

「んーよくなってる気はする」

 

 

な感じです。

 

 

 

体験してみよう的なのがあって

 

ほっぺたを両手で下に下げたまま歩いてみるのと

 

ほっぺたを逆に上に上げてみた時ではどう違うか

 

 

 

 

確かに、ほっぺたを上に上げた時の方が足が進む

 

 

これを応用して、過去のトラウマ、自分が思い描く未来像を

ほっぺの上げ下げで植え付けたり、プラスの意味合いに変えようってやり方です。

 

 

 

胡散臭いですけど、継続は力なりなんでやり続けてみます。

 

 

 

まー変わんなくても、変わっても、マイナスにはならないんで

 

 

 

そんな本です。

 

 

それでは。

 

 

あわせて読みたい

  1. GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代
  2. こんな僕でも社長になれた 家入一真
  3. 堀江貴文 ゼロ 何も
  4. ツレがうつになりまして ツレうつ てんてん
  5. 我が逃走 家入一真
  6. 絶望手帳 家入一真

    絶望手帳 家入一真

    2017年4月27日17:55

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

《名前》山下としろー

山下としろー ツイッター 

 
twitter

 

趣味⇒読書、歩くこと、自然

ツイッター

月別アーカイブ

RETURN TOP