山下としろーの軌跡。

その後のツレがうつになりまして。 細川貂々 感想

この記事は1分で読めます

どうも。

 

 

本読んでます。

 

 

細川貂々さんの本です。

 

映画化、ドラマ化した本らしいです。

 

 

夫がある日突然鬱になって、嫁がそれを看病した時の実話の話です。

 

 

今回の本は昨日の、続篇ですね。

 

 

 

鬱を発病してから、一年後の話です。

 

 

 

再発予防期と呼ばれる段階です。

 

 

ただこの頃になると鬱の症状も大分和らいできて、少しずつ行動できるようになる

 

 

その中で、妻である貂々さんがこの本の執筆をするという話。

 

 

中々できることがじゃないと思います。

夫の鬱の体験を本にするって。

 

 

 

 

如何にメンタルに負荷をかけないかって本です。

 

今まで自分のやってたことと真逆です。

 

 

 

多分、どっちとも丁度いいバランスがいいと思います。

メンタルに負荷もかけるし、メンタルに負荷もかけないし。

 

 

 

難しいですけどね。

 

 

 

そんな本です。

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

あわせて読みたい

  1. 自分の顔を生きる 著 田中信二
  2. エロ事師たち 野坂昭如

    エロ事師たち 野坂昭如

    2017年4月17日16:26

  3. 顔は口ほどに嘘をつく ポール・エクマン
  4. 世界のエグゼクティブを変えた 超一流の食事術
  5. 山下ブログ 山下の本感想 山下の読んだ本感想
  6. ユーチューブ 投稿&集客 稼ぐ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

《名前》山下としろー

山下としろー ツイッター 

 
twitter

 

趣味⇒読書、歩くこと、自然

ツイッター

RETURN TOP