山下としろーの軌跡。

長いお別れ レイモンド・チャンドラー

この記事は2分で読めます

 

どうも。

 

 

本読んでます。

 

 

 

レイモンド・チャンドラーです。

 

 

レイモンド・チャンドラー

 

 

 

 

こんな顔です。

 

 

 

この本長いです。

 

 

途中あまりのストーリーのつまらなさに

柱に頭打ちたてた本です。

 

 

 

何とか完読。

 

 

 

それで、色々調べたんですよね。

なんでこんな面白くないんだろうって

 

 

 

そしたら、この本ってストーリーがメインじゃないっぽいです。

ストーリーは、探偵物なんですが、別段真新しさはないです。

 

これなら、コナンでも見た方がよっぽど面白いかもです。

 

 

 

ただ、調べた結果描写が人気っぽいです。

確かに描写はすごかったです。

 

 

鮮明にイメージできましたし、

それから受ける何とも言えない恍惚感はあったなと。

 

 

ふむふむ要するにそういう本なんだなと。

 

 

 

後からくる余韻は確かに良いです。

自分は1週間後くらいに「あー良かったな」って改めて思いましたね。

 

 

バーでの描写が鮮明ですね。

 

あと、主人公のマーロウの男臭いセリフとかも好きな人は好きだと思います。

 

 

 

題名が、長いお別れなんで

 

 

男と男の友情がメイン

 

 

って思うじゃないですか、そんなことないです。

探偵物です。

 

 

 

前提知識なかったんで、そこでフリーズしました。

 

 

 

裏の表紙見て、あーこれは探偵物なんだと。

 

 

 

そんな本です。

 

 

 

それでは。

 


 

 

あわせて読みたい

  1. アルジャーノンに花束を ダニエル・キイス
  2. ナジャ 著 アンドレ・ブルドン
  3. 秀吉と武吉―目を上げれば海
  4. 斎藤 一人 押し出しの法則
  5. バカ、アホ、ドジ、マヌケの成功者 家入一真
  6. 世界のエグゼクティブを変えた 超一流の食事術

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

《名前》山下としろー

山下としろー ツイッター 

 
twitter

 

趣味⇒読書、歩くこと、自然

ツイッター

月別アーカイブ

RETURN TOP