山下としろーの軌跡。

エロ事師たち 野坂昭如

この記事は1分で読めます

 

どうも。

 

 

本読んでます。

 

 

エロ事師たちです。

 

 

エロごとしたちって読むらしいです。

 

 

色んな意味で面白い本です。

 

 

汚い表現多いですけど、俺は好きですね。

 

 

なんか官能小説っぽいですが、そんなことないです。

そういう描写も多いですが、それよりも考え方、行動、思考が面白いです。

 

 

 

野坂昭如さんって、火垂るの墓とかの作者なんですが

やっぱ凄いですね。一人ひとりのキャラが立っていて感動ものです。

 

 

火垂るの墓ももののけ姫に並ぶぐらい面白いですが

それと並ぶぐらいのストーリーです。

 

 

内容は、現代風にいうとAVの撮影なんかを昔バージョンにしたって感じです。

 

 

ナンパの話とかスカウトの話とか昔版を想像できたりもします。

 

 

こういう世界にはこんな人いそうだなーとか思いました。

 

 

いやいやそれは駄目やろ。

 

 

的なやつが多いです。さすがです。野坂さん。

 

 

 

色んな意味でブレイクスルーに持ってこいの本だと思われます。

 

 

ただ表紙ちょっと恥ずかしいですね。

 

 

今実家にいますけど、表向きにおかずに裏向きにしてましたもん。

あんなん表紙だけ見たら官能小説ですもん。

 

 

 

それでは。

 

 

 

あわせて読みたい

  1. 山下としろー おくりものはナンニモナイ 絵本
  2. バカ、アホ、ドジ、マヌケの成功者 家入一真
  3. 斎藤 一人 押し出しの法則
  4. こんな僕でも社長になれた 家入一真
  5. ツレがうつになりまして ツレうつ てんてん
  6. アルジャーノンに花束を ダニエル・キイス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

《名前》山下としろー

山下としろー ツイッター 

 
twitter

 

趣味⇒読書、歩くこと、自然

ツイッター

RETURN TOP