山下としろーの軌跡。

他力本願な理想主義者

この記事は6分で読めます

山下としろー 他力本願 理想主義者

 

 

どうも

 

山下です。

 

 

本日も雑記。

 

 

まー俺は思うんですよね

 

というかアンチ勢というか

 

他力本願な理想主義者的な人を。

 

 

そもそも他力本願な理想主義者的な人って何?

 

ですけど

 

もうそのまんまで

 

 

他人の力頼みのくせして理想を追い求めているって人です。

 

 

えーようは、

 

地に足が着いていない理想主義者

 

依存マインドで妄想基質

 

基本的に他人の力のみを頼っているくせして言うことはいっちょ前

 

具体的な方針がないくせしてビックマウス

 

有言実行できないビックマウス

 

口先五右衛門

 

 

こんな感じ。

 

 

まーこれ系は俺は反対勢ですね。

 

 

例を上げると

 

理想はでっかいけどそれに実がない人

 

でっかい野望はあるけどでっかい事は言うけど他人に目標宣言はするけどそれが日常生活と乖離している人

 

 

こんな感じに。

 

 

ただね

 

俺は思うところも1つあるんですよ

 

 

ようは、他人が何とかしてくれるって考えもあながち間違いではないとも。

 

 

何でかって言うと

 

実際ことを成就する際にはぶっちけ他力も絶対必要であってただそれが自力からきて他力かそれとも他力から入って最後に自力かって話なだけでもあると。

 

 

俺は、絶対自力から他力だなと思っていて

 

他力から自力ってのは正直甘えだと思っています。

 

 

たまに学校とかでイジメられたり学校が全然楽しくないから転校するって子とかいますが

 

これって他力本願なんですよね

 

それでいて理想主義者的な。

 

 

ようは

 

その学校でイジメられるからその学校が全然楽しくないからその学校が全然自分を受け入れてくれないから転校するってつまりのところ問題を他人ようは学校に転嫁しているくせして自分は楽しい学校生活を送ろうと自分は何も変わらず学校生活を送ろうとしているってことじゃないですか

 

 

まさに他力本願な理想主義者。

 

 

また別に

 

サラリーマンになって思っていた以上にキツくて先輩達の風当たりが強くて会社に馴染めなくて転職する

 

ってのもまた他力本願な理想主義者

 

だと俺は思っています。

 

 

また別に

 

この場が全然俺らしさを出せないからこの場が俺には合ってないからこの空気感が俺には合ってないからこの場が俺を駄目にしているから別の場を追い求めて次なる場を探す

 

ってのもまた他力本願な理想主義者

 

だと俺は思ってます。

 

 

 

ただね

 

ただね

 

俺はこういう類いはアンチ勢ですし反対だし嫌ですけど

 

でも一理あるなと思ってます。

 

 

ただ成功確率はめっちゃ低いとは思います

 

でも0ではない。

 

 

故に試す価値はある

 

 

ようは理想郷を追い求めて旅する的なあれです。

 

 

別に嫌いではない

 

ただアンチだし反対。

 

だって成功確率低いから。

 

 

最終手段としてやるならオッケイだとは思いますけど、全然数こなしてないのにそれをまずやるのは愚だと思う。

 

 

だけど、一理あるとも思う。

 

 

完全矛盾なやつ。

 

 

だから面白い。

 

 

俺思うんですよね人生とか生き方って最終的に矛盾を受け入れていく作業なんじゃないかなって。

 

 

上の話もそうですけど

 

めっちゃ矛盾したこと言ってます。

 

他力本願な理想主義者は嫌いだのアンチだの反対勢だの

 

言っているけど

 

一理あるとも言っている。

 

 

だってこの世に絶対はないですからね。

 

俺は全ての成功確率は88%ぐらいだと思ってます。

 

ただその88%のコンマなんを詰めていくことをやっていくことだと。

 

 

ようは不安材料を1つ取り除いて

 

88.8%

 

また不安材料を1つ取り除いて

 

88.88%

 

また不安材料を1つ取り除いて

 

88.888%

 

また不安材料を1つ取り除いて

 

88.8888%

 

 

以下ループ

 

 

的に。

 

 

俺は毎回こう思っている

 

100%は基本ない。

 

ただ100%にできるだけ近づいていくとは思う。

 

 

円周率の3.14的なやつと一緒。

 

 

そう考えると他力本願な理想主義者もあながちありだなと思う。

 

 

てかぶっちゃけ俺も他力本願な理想主義者は嫌いだしアンチだし反対勢だけど

 

実際他力本願な理想主義者でもあるというのはある。

 

 

俺の場合、今の時代が悪いとか今の空気感では駄目だとか1人で思っていたりするけど

 

それってつまりのところ

 

別の時代だったら良かったとか別の空気感だったら良かったとか思っているのと一緒でそれって上の例と一緒だと言うこと。

 

つまり俺もまた他力本願な理想主義者だと言うこと。

 

 

だから面白い。

 

 

面白くないですか

 

自分で否定しておきながら自分もまた否定した内の1つだというね。

 

 

実に面白い。

 

 

だから思うんですよね

 

人は矛盾である

 

と。

 

 

ただその矛盾に高低があるだけだと。

 

 

そもそもこの世って矛盾だらけですからね。

 

良いことやっているようでそれはある側面からの情報であって別の側面から見ると全然良いことではないっていう。

 

 

チョーウケる。まじで。

 

 

まじ神。

 

 

まじ面白乙。

 

 

本当にそんなことだらけ。

 

 

だからね思うのは別に他力本願な理想主義者でもいいってことです。

 

ただそのくせして

 

他力本願な理想主義者は嫌いだしアンチだし反対勢だしだってこと。

 

 

いじめられて居場所がなくなってきつくて楽しくなくて別の学校やら職場やら仕事やら場やらに逃げて

 

そこでまたいじめられて居場所がなくなってきつくなって楽しくなくなって別の学校に職場に仕事に場に逃げて

 

またそこでまたいじめられて居場所がなくなってきつくなって楽しくなくなって別の学校に職場に仕事に場に逃げて

 

それを永久ループして一向に自分を変えようとしなくてもそれもまた1つの道なのではないかと。

 

 

そう思うんですよね俺は。

 

 

可能性は万に1つもないかもしれないですけど

 

自分を変えようとせずに理想ばっか掲げて他人が他力が何とかしてくれるって考えることは愚の極みだとは思うけども

 

超絶な修羅の道だとは思うけども

 

それもまた1つの真理なのではないかと。

 

 

まーそれに対して俺はガヤも入れるしヤジも入れるし反対もするし邪魔もするし敵対もするし間違っているとも言うけれども

 

俺もまたその他力本願な理想主義者の内の1人でもあるという。

 

 

まさに一は全、全は一。

 

 

本当に生き方やら人生ってのは難しい。

 

あらゆる方向

 

あらゆる可能性

 

あらゆる問題点

 

ってのが入り混じりつつそれでいてパッと見は一見シンプルに見えるという厄介もん。

 

 

だからこそ追い求めるんでしょうね俺は

 

面白いから。

 

 

 

ってことで今回はこのへんで。

 

 

追記

 

 

なんだかんだ言って

 

他人の考え方や他人の行動や他人の行いに対して矛盾だの間違っているだのとあーだこーだ言うけれども

 

1番間違っていたり矛盾しているのは俺なのかもしれないと思う説。

 

そして本人だと思う説。

 

だから矛盾だの間違っているだのにそもそも意味が存在しないと思う俺であった。

 

 

あわせて読みたい

  1. 朝活 山下 山下としろー ヨガ 太極拳

    朝活の山下

    2018年6月2日9:26

  2. 亀の甲より年の功 かめのこうよりとしのこう 山下としろー ブログ
  3. 変化する山下 変化の山下 山下のブログ
  4. 中学生 生活 少年時代 山下としろー 小説家になろう 執筆 レッテルコンプレックス

    執筆のお話

    2018年6月6日6:55

  5. 山下のブログ 変化 山下の変化
  6. jimmy アホみたいなホンマの話 ネットフリックス ジミー大西 山下ブログ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

《名前》山下としろー

山下としろー ツイッター 

 
twitter

 

趣味⇒読書、歩くこと、自然

ツイッター

月別アーカイブ

RETURN TOP