山下としろーの軌跡。

南大東島で初ピッチャーをした時の裏話 続き

この記事は3分で読めます

山下としろー 抽象画 うらばなし 抽象絵画

 

 

どうも

 

山下です。

 

 

初ピッチャーやった時の裏話続きです。

 

 

で早速本題

 

 

てかその前に何でこんな話をするのかですけど

 

 

単純にこの経験が面白かったから

 

ってのとこれは共有したほうがいいかもな

 

って思ったからです。

 

 

面白かったってのは、単純にピッチャーが面白かったというのではなく

 

そのプロセスが面白かったなと思ったんですよね。

 

 

なんというか、初ピッチャーをなんとか成し遂げようと四苦八苦する様がふと思い返した時笑えてきたっていう感じ。

 

 

これって何事も一緒なんですよね。

 

 

何か企画なりイベントなり行動を起こすなりする時って大体俺のような事例だったりするんですけど。

 

まーこれだけではないですけど、1つの事例としては知っていても悪くないかなと思います。

 

 

大体、ことを成就させる時はこんな感じの方法もあるよ!って感じで。

 

 

今回やったやつは完全に正攻法的なめっちゃシンプルなやつです。

 

大体、基本俺はこのやり方をやって仕事なりやるんですけど

 

まーやりやすいですよね、正攻法なんで奇策なしのやってればそこまで崩れない的な方法というか事例。

 

 

てか

 

自分で言うのもあれなんですけど

 

今回の職域のスポーツ大会でのピッチャーは大成功でしたよ。

 

 

はい、自分で言うから完全にきもいやつですけど

 

だいぶ感化できた感じでした。

 

 

そもそも何故そうなったかというと

 

 

対戦相手が普通に優勝候補のチームで全員経験者でさらに当日はフルメンバーだったというのと

 

俺らのチームは近年成績が芳しくなく去年なんか最悪な結果だったというのと

 

当日の俺らのチームは、経験者は4、5人??ぐらいであとは素人混じりの完全無理ゲーなメンバーだったというのと

 

ほぼ誰もが俺らに期待していなかったというのがあり

 

 

それを

 

 

5-4の接戦まで持っていったってのと

 

安打数が相手チームとそんなに変わらなかったってのと

 

その変わりエラー数ではこっちが遥かに上回っていたのに5-4で食い止めたってのと

 

そもそもこっちのチームで主力となるメンバーが2、3名不在での試合だった

 

 

ってのが大きな要因で感化できたって感じです。

 

 

 

これまた自分で言うのはきもいですけど

 

めっちゃ喜ばれました。

 

俺の人生の中でこんなに喜ばれたことがなかったぐらいに喜ばれました。

 

 

「ありがとう!!!」

 

「めっちゃ楽しかったぞ!!」

 

「久しぶりに緊張した試合展開で見ていて面白かった!」

 

「相手フルメンバーでこれだけできるとか凄い!」

 

 

こんな感じに。

 

あーこれは完全に伝えきれないですけど

 

とりあえず俺も味わったことのない感動を起こせた&感化させることができた

 

こんな感じでした。

 

 

 

でその時のスコアですけど、ちょっとうる覚えですけどこんな感じ

 

 

俺らのチーム(先行)0100102

相手チーム(後行) 020102☓

 

 

こんな感じ。たぶん。

 

ただ7回表に一点差まで追い上げたのは覚えている。

 

 

でヒット数はうちが5本か6本

 

相手も一緒ぐらい。

 

 

エラー数はこっちが5個か6個ぐらいかな

 

相手が2個か3個。

 

 

 

ちなみに俺は3打数の1安打1四死球4盗塁

 

 

悪くない。

 

 

 

で出勤の時間が来ましたけど

 

次の記事で初ピッチャーを迎える為に行った準備や考え方やマインドについて書こうかと思います。

 

 

これが正直重要。

 

 

今までのは前置きみたいなもんです。

 

 

ここが1番書きたいなと思っていたことなんでね。

 

 

たぶん中々勉強になると思いますよ。

 

 

これから何かしらやろうと考えている人だったり

 

初めてのことをやろうと考えている人だったり

 

得意ではないことをやろうと考えている人だったり

 

 

という人にうってつけの事例になるのではないだろうかと。

 

 

そういうのもあって記事にして共有したいなと思って書いてます。

 

 

 

ってことでもう時間なんで

 

明日か今日か近日中に書きます。

 

循環形態の話も書いていきますのでお楽しみに!

 

 

それでは!

 

 

あわせて読みたい

  1. 先生 質問 質問力

    質問力のすすめ

    2017年7月3日14:50

  2. 山下としろー 抽象画 うらばなし 抽象絵画
  3. 山下ブログ 山下のブログ 日々の変化 山下の変化
  4. バス 充電
  5. 山下ワールド トゥーン・ワールド トゥーン 山下遊戯王

    トゥーン・ワールド

    2018年6月4日7:40

  6. 嘘をつく 山下 嘘山下

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

《名前》山下としろー

山下としろー ツイッター 

 
twitter

 

趣味⇒読書、歩くこと、自然

ツイッター

月別アーカイブ

RETURN TOP