MAEDAトシロー

はだかの王さま 話 アンデルセン

この記事は1分で読めます

 

どうも

 

 

本読んでます。

 

 

 

絵本です

 

 

 

中々良かったです。

 

 

はだかの王様って名前は聞いたことあったけど、実際読んだことなかったのでね。

 

 

 

 

 

 

あら面白い

 

 

自分の歩んできた人生と似ていて、

 

 

それ分かる!

 

 

って感じました。

 

 

 

内容を簡単に言いますと

 

 

大切な物はもっと身近にあるよね!

 

 

ってことでしょうか。

 

 

 

自分の今までの人生を見ている感じがしましたね。

 

 

 

自分が追い求めている理想というのは、実は自分が盲目になっているせいで

 

それはでっち上げた嘘のようなもの。

 

実際はもっと身近に、そしてそれはとても単純なもので、とてもかけがえのないもの。

 

だけどとても遠くてそれが何なのか分からない。

 

気づくのにあっちに行ったりこっちに行ったり、周りにも迷惑をかけたり周りを巻き込んだり

 

そこで初めて気づいて、そんなそばにあったんだと。

 

 

 

 

そんなことに気づかせてくれる本です。

 

 

 

それでは

 

 

あわせて読みたい

  1. 非色 有吉佐和子

    非色 有吉佐和子 感想

    2017年4月15日15:42

  2. 堀江貴文 ゼロ 何も
  3. 長いお別れ レイモンド・チャンドラー
  4. 上杉謙信 著 加来耕三

    上杉謙信 著 加来耕三

    2017年4月25日17:33

  5. 我が逃走 家入一真
  6. アルジャーノンに花束を ダニエル・キイス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

《名前》MAEDAトシロー

山下としろー ツイッター 

 
twitter

 

趣味⇒読書、歩くこと、自然

ツイッター

RETURN TOP