山下としろーの軌跡。

マヨネーズの絞り出し方 著 大岡まさひ

この記事は1分で読めます

 

 

どうも、

 

 

本読んでます。

 

 

 

エッセイ的な本です。

 

 

 

寒い親父ギャグが多い

 

 

 

そんな本です。

 

 

 

完全に笑いを取りに来てる感があるので苦手ですねこの本は。

 

 

 

たまに的を射ていることを言うんですけどね

 

その後に絶対どうもそっちじゃないやろ的な部分が出てくる

 

 

 

これなら本のタイトルであるマヨネーズの絞り出し方をとことん追求した本の方が断然面白い

 

 

まー帯に”マヨネーズの本じゃありません!”って書いてあるから

 

エッセイ的な本にしたかったんでしょう

 

 

 

マヨネーズの哲学的本だったらもっと面白かったんだけどなー

 

 

 

という本です。

 

 

それでは

 

 

 

 

あわせて読みたい

  1. はだかの王さま 話 アンデルセン
  2. 大丈夫、みんな悩んでうまくいく。 細川貂々
  3. 顔は口ほどに嘘をつく ポール・エクマン
  4. GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代
  5. メンタルによる運動障害「イップス」かもしれないと思ったらまず読む本
  6. ツレがうつになりまして ツレうつ てんてん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

《名前》山下としろー

山下としろー ツイッター 

 
twitter

 

趣味⇒読書、歩くこと、自然

ツイッター

月別アーカイブ

RETURN TOP